生理中は体が敏感になっているので、ゆったりと過ごしましょう

生理中に避けたいこと

生理中に避けたいこと

生理中は体や皮膚が普段より敏感

女性は長い年月の間、毎月生理がきます。そして、個人差はありますが生理前や生理中、敏感肌など多くの不快な症状に見舞われます。生理だから少し位の不快な症状を気にせずいつもと変わらない生活を送ってしまう人がいますが、実は生理中は避けて欲しい事が幾つかあります。生理中、色々と体調の変化を感じる日々、何に気をつければ良いのでしょうか?

多くの女性が生理中に避けなければいけない事とは?と聞いて答えるのが「カラーリングやパーマ」と答えるでしょう。市販のカラーリング剤などにも「生理中は使用を控えるようにして下さい」と注意書きしているものも多く、見た事がある人も多いと思います。  実は、生理中の肌は普段とは異なりいつも以上に敏感になっています。その為、普段は使用しても何も異常が出なかったのに生理中に使用する事によって、お肌のトラブルを引き起こす可能性があります。カラーリングやパーマなど生理中は避けるようにしましょう。また、生理中は吹き出物やニキビなどが出来やすいので、普段と違う化粧品を使用するのは避けるようにしましょう。肌トラブルに原因になります。

そして、生理中はお酒の摂取にも気をつけましょう。生理中は体の機能がいつもとは異なり低下します。その為、普段飲んでいるお酒の量でも生理中は簡単に酔いがまわったり気分が悪くなったりする場合もあるので、気をつけましょうね。

また、激しい運動も控えるように心がけましょう。普段から運動をしている人であれば特に問題はありませんが、生理中は体力を多く消耗してしまいます。激しい運動をする事でいつもより疲労を感じてしまうので避けるようにしましょう。また、体を冷やす水泳なども細菌などにかかる恐れがあるので控えた方が良いでしょう。

PMS対策関連商品

1位

ルナベリー

PMSの症状を和らげる9種類のハーブ、ビタミンB群やイソフラボン配合で肌荒れやニキビにも効果的!

ルナベリー公式 ルナベリー詳細

2位

女性のミカタ

2種類のサプリ「すこやか編」と「やすらぎ編」でPMS特有の倦怠感やだるさ、イライラ感を改善!

女性のミカタ公式 女性のミカタ詳細

3位

月のおまもり

女性特有のココロやカラダの不調を癒す、生理前専用シャンプー。新しいヘアケア習慣でリラックス!

月のおまもり公式 月のおまもり詳細

生理中は体を休ませる

ゆったりとした気分で過ごしましょう

このように生理中はいつも以上に体が疲れやすくなっているという事です。普段の生活では感じなかった事でも生理中は体が敏感に感じてしまうという事です。では、生理中はどのように過ごせば良いのでしょうか?

生理中はゆったりとした気分で体を休ませる事がとても大切です。また、生理中は湯船に浸かれないと思っている人も多いですが、清潔なお湯であれば浸かって良いと言われています。湯船に浸かる事により、全身の血行は良くなるので生理痛を緩和する事が出来ます。これは、清潔なお湯が前提という条件ですので大浴場などに行く場合は湯船に浸からずシャワーだけで済ますようにしましょう。また、激しい運動ではなくストレッチタイプの運動をするように心がけましょう。ストレッチをする事により全身の血行が良くなり、生理中に感じるむくみも解消する事が出来ます。

女性にとって生理は長い年月付き合っていかなければいけないものです。生理中はいつも以上に敏感になっている事を理解して、上手に付き合っていきましょうね。

PMS対策関連商品

1位

ルナベリー

PMSの症状を和らげる9種類のハーブ、ビタミンB群やイソフラボン配合で肌荒れやニキビにも効果的!

ルナベリー公式 ルナベリー詳細

2位

女性のミカタ

2種類のサプリ「すこやか編」と「やすらぎ編」でPMS特有の倦怠感やだるさ、イライラ感を改善!

女性のミカタ公式 女性のミカタ詳細

3位

月のおまもり

女性特有のココロやカラダの不調を癒す、生理前専用シャンプー。新しいヘアケア習慣でリラックス!

月のおまもり公式 月のおまもり詳細