食事内容の改善・運動・ストレスを溜めないこと

PMSの対処法

PMSの対処法

食事内容の改善

生理前になると、情緒不安定、倦怠感やイライラ感、情緒不安定や眠気、吐き気など、人によって様々な症状があらわれます。これらの症状を「月経前症候群(PMS)」と呼びます。多くの女性はPMSの症状を一人で悩み、生理がくれば治る症状だからといって放っておく人が多いですが、自分で出来るPMSの対処法についてご紹介したいと思います。少しでもPMSの症状が楽になれば良いと思います。是非、参考にして下さいね。

身近な事で一番簡単に出来る対処法が「食事」です。食事は毎日私達の生活の中で必ず行う事ですよね。そんな毎日口にする食事の内容を少し改善するだけでPMSの解消をする事が出来ます。女性の多くは生理前になると「甘いもの」を食べたくなる症状があります。

実は生理前は血糖値の値が下がる為、体が「甘いもの」を欲しがっていますが、甘いもの、ケーキやジュース、またクッキーなどは血糖値の値を上昇させてしまい、余計に倦怠感を引き起こしてしまいます。ですので、生理前は甘いものを食べたいと思ってもなるべく控えるようにしましょう。それでも甘いものが食べたい場合は、果実や芋類などを食べるようにしましょう。また、生理前は体のむくみも気になるので、塩分を控えると良いでしょう。

PMS対策関連商品

1位

ルナベリー

PMSの症状を和らげる9種類のハーブ、ビタミンB群やイソフラボン配合で肌荒れやニキビにも効果的!

ルナベリー公式 ルナベリー詳細

2位

女性のミカタ

2種類のサプリ「すこやか編」と「やすらぎ編」でPMS特有の倦怠感やだるさ、イライラ感を改善!

女性のミカタ公式 女性のミカタ詳細

3位

月のおまもり

女性特有のココロやカラダの不調を癒す、生理前専用シャンプー。新しいヘアケア習慣でリラックス!

月のおまもり公式 月のおまもり詳細

情緒不安定など、その他の対処法

運動とストレスを溜めないこと

そして、食生活を見直したら次は「運動」をしましょう。生理前は倦怠感や眠気、情緒不安定などもあるので、運動する気分にはならないと思いますが、生理前は体内に水分を貯めやすく、むくみやすいので有酸素運動で汗をかくと良いでしょう。勿論、無理をしない程度で30分程度のウォーキングでも効果があります。運動をする事によって、血行も良くなり女性に多い冷え性の改善にも繋がります。何より、運動をする事によってストレス解消にも繋がりますよね。

最後にストレスを貯めないように心がけましょう。特に生理前はイライラ感が強くストレスを感じている女性も多いですよね。生理前はストレスを貯めないように、仕事面でも無理なスケジュールを計画しない事、そして仕事をしすぎない事もとても大切です。好きな映画を見たり、友人とお茶したりする時間もとても大切です。生理前は心や体に余裕のある生活をすると良いでしょう。

それでもPMSの症状が改善されない場合は、サプリメントの服用、産婦人科を受診して低温ピルを処方してもらうのも一つの方法です。PMSは女性の誰もが経験する症状です。少しでも軽減出来るように食生活を見直す、また 適度な運動をする事で軽減する場合がありますので、是非試してみて下さいね。

PMS対策関連商品

1位

ルナベリー

PMSの症状を和らげる9種類のハーブ、ビタミンB群やイソフラボン配合で肌荒れやニキビにも効果的!

ルナベリー公式 ルナベリー詳細

2位

女性のミカタ

2種類のサプリ「すこやか編」と「やすらぎ編」でPMS特有の倦怠感やだるさ、イライラ感を改善!

女性のミカタ公式 女性のミカタ詳細

3位

月のおまもり

女性特有のココロやカラダの不調を癒す、生理前専用シャンプー。新しいヘアケア習慣でリラックス!

月のおまもり公式 月のおまもり詳細